RCJ JapanOpen2015_2

28日決勝トーナメントです。

前日の調整で、動きは少し良くなったようで、トーナメント1、2回戦とも勝つことができました。

準決勝の相手はマカオからのチームです。
これまで世界大会で何度もマカオのチームと戦っていますが、
今回のチームも強豪です。なかなか点が取れず、3−8で敗れました。

今年のRoboCupJunior JapanOpen の結果は3位(+プレゼン賞)でした。

その後、スタッフで参加されていたNitroさんと交流戦を行い、負けました。
やはり、出来たてマシンでは調整不足が否めません。(反省)

今回もたくさんチームやスタッフの方とお話しでき、充実した大会となりました。
皆さんどうもありがとうございました。

広告
投稿者: M Robots カテゴリー: RoboCup

RCJ JapanOpen2015_1

予想通り、徹夜で作業・調整,朝にパッキング・出発となったM Robotsです。

FWマシンの不調が戻らず、いまひとつセッティングが決まっていない予備部品に
替えての大会となりました。

また、まさかのボール取り込みのゾーンサイズオーバー。26日夜にホームセンターで道具を買い、
ホテルで削ることになりました。(万力を貸していただいたGcraudさんありがとうございました。)

27日の予選リーグは3勝1分で突破でしましたが、マシンの動きは今ひとつでした。
閉館ギリギリまで調整を行い、翌日の決勝トーナメントに備えます。

IMG_1321

投稿者: M Robots カテゴリー: RoboCup

Making Now

いよいよ明日からジャパンオープンとなりました。

パッキングして、あとは寝るだけ。とは今回もならず。

ブロック大会ロボットからほぼ全ての部品を作り直し、プログラムも刷新。

のつもりらしいですが・・・。

このままいくと、徹夜で作業して、朝にパッキング、移動中に仮眠のパターンです。

From USA

日本大会用に製作するロボットに搭載予定の部品がアメリカから届きました。

IMG_2044

しかし、本人は試験期間中のため、開発は試験終了後。

RCJ Shikoku 2015

先週の日曜日にRoboCupJunior2015四国ブロック大会がありました。

IMG_1304

今回から国際ルールに則り、全てのフィールドをレギュラーサイズ(旧B)で行いました。ライトウエイト プライマリ・セカンダリ、オープンでフィールド5面を使い、競技が開催されました。独自リーグとして、旧Aフィールドも1面設けました。当初スタッフ不足も懸念されましたが、北九州や広島からの強力な援軍の方々,OG・OBにも支えられ、気がつけば、大変贅沢な競技会になったと思います。

IMG_1273IMG_1295

さて、M Robotsですが、ノード大会の課題について改善し、ブロック大会に臨んだようです。

今回、オープンには6チーム参加しており、2リーグの総当たりで予選が行われます。初戦から白熱する試合展開で、なかなか見応えのある試合になりました。予選2試合とも勝利し、決勝トーナメントに進みました。決勝戦では、予選初戦と同じチームと対戦することになり、またまた、緊迫した試合を見ることができました。結果は優勝することができましたが、ノード大会の課題が解決していたとは言えず、また、新たな課題も見つかり、日本大会へ向けて取り組むことが見つかったようです。

私の課題であった、スコアシステムは音を鳴らしたり、フリッカーを追加したりして、ミスを防ぐ機能を追加しました。おおよそ、うまく働いてくれたようですが、音についてはバグが見つかり、直す必要があります。また、2台故障時の機能を追加したいと考えています。

投稿者: M Robots カテゴリー: RoboCup

RCJ Soccer Scoring System 1.0

香川ノードで新しいスコアシステムを稼働させました。

IMG_2010

2年前からサッカーではアウト・オブ・バウンズや故障のペナルティタイムを
計測しなければならなくなり、副審の仕事が忙しくなりました。
そのため、計測人員を追加したり、選手に計測させたりしていました。

今回のノード大会は、現行ルールでの審判経験者が少なく、初めての選手が多いため、
ペナルティ時間の計測ができるスコアシステムを制作しました。

eとぴあで使っている従来のスコアシステムのデザインを継承し、次の機能を持っています。
・ペナルティ時間計測(得点で自動リセット)
・試合時間計測
・試合名、チーム名はテキストファイルから読み込みし、マウスで設定可能
・後半時にワンクリックで点数とチーム名の入れ替え
・使用するディスプレイの解像度に合わせて、フルスクリーン表示可能
・Mac, Windows対応(iPad対応するかも?)

特に問題なく動いてくれたので、次回のブロック大会も使用しようと思いますが、
改良点も見つかったので、私の冬休みの宿題として、更新したいと思います。

投稿者: M Robots カテゴリー: RoboCup

RCJ Kagawa 2015

久しぶりの更新です。

最近はFaceBookによる発信が多く、こちらの更新が滞っておりますが、
シーズンインということで,再開したいと思います。

21日に香川ノード大会が開催されました。
今年は独自リーグ、ライトウエイトリーグプライマリ、オープンリーグと
コート2種、リーグ3種という構成でした。

急遽、M Robots父が大会運営を任されることになり、いつもより忙しい大会となりましたが、
皆様のご協力により、無事に終えることができました。

IMG_0980

さて、試合ですが、M Robotsチームが出場しているオープンは2チーム参加。
3試合行い順位を決定します。

赤いロボットはせとうちオープンのまんま(おいっ)。
黒いロボットは白いうさぎに変化しました。人気者でしたね。

IMG_0985

3戦3勝でしたが、それぞれに課題が残る試合でした。
(赤は去年のまんまなので当然ですが。)

ブロック大会は1月25日です。
オープンは四国ブロック史上最大チーム数(大げさ?)になると思われます。
1ヶ月後が楽しみです。

投稿者: M Robots カテゴリー: RoboCup

RCJ National Competition 2014

21〜23日埼玉大学で開催されたロボカップジュニア日本大会2014埼玉大学に出場しました。
21日は調整日、22日予選リーグ、23日決勝戦でした。
予選リーグを全勝で1位通過し、決勝トーナメントに出場。
決勝トーナメントでは決勝戦に勝ち進むことができました。
決勝戦は今まで経験したことの無い延長戦になりました。
なんとか優勝することができました。
帰りの飛行機に間に合うように、表彰式後すぐに会場を出て無事帰宅しました。
今回の大会でも、たくさんの人に声をかけていただき、
情報交換をたくさん行うことができました。みなさんありがとうございました。

投稿者: M Robots カテゴリー: RoboCup

Optical Mouse Speed Sensor

光学マウスを利用した速度センサーをロボットに搭載しました。
今年の自分のロボットは、速さと正確さの両立を目標としました。
そのためには、速度センサーによって自分の移動している向き、速さを
認識することが必要だと考えました。
しかし、Arduinoに合うマウスがなかなか無く、
またマウスの性能がロボットの速さに追いつけないなど多くの問題があり、
何とか速度は計れたものの、部屋には高々と積みあがるのマウスの残骸が・・・
(結果、古くてICが2つあるマウスがうまく行き易いです。)
四国ブロックまでには、速度補正プログラムの試作型を完成させようと思います(Y)

RCJ Competition 2014 Kagawa

2014シーズンの第一段階である香川ノード大会がありました。
せとうちオープン(11月)マシンからの改良点は、
オムニホイールの改良とアウト・オブ・バウンズのアルゴリズム変更です。
今回、オープンには2チームのエントリーでした。
ライトウエイトセカンダリのチームとの交流戦も含めて、3試合行いました。
結果:今までの対策のなかでは、一番成績が良かったと思います。
が、まだまだ課題はあります。3月のブロック大会までに更に精度を上げたいと思います。
愛媛からのサプライズゲストもあり、とても楽しかったです。ありがとうございました。

投稿者: M Robots カテゴリー: RoboCup