Make of New Main Circuit Board

メインボードのその後です。
CADファイルのチェック終了後、CNCデータを生成し、
基板をORIGINALMIND KitMill RD300で切削しました。

その後、部品の実装です。
今回、初めて表面実装部品も使用してみました。
マスキングテープで位置決めしてからハンダ付けです。

完成後、ロボットに装着して動作を点検をしました。
これでブロック大会用ハードは完了。
学年末試験のため、しばらく作業できませんが、
試験が終われば、プログラムを完成させます。(K)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中