Technology of Rescue Robot #1

今回、ノード大会に参加したレスキューチームは全てブロック大会へ出場できます。
しかし、MのレスキューチャレンジはサッカーBの試合が無い
ノード大会だけと決めていました。
そこで、今回のレスキューロボットの技術を公開します。
まずは、ライトセンサーです。
Legoのライトセンサーでレスキューチャレンジをする時に困ったのが、
黒と緑の区別がつきにくいという事です。
そこで、ライトセンサーのLEDを緑色に取り替えました。

カッターでブロックの灰色と緑色の間を切り離します。
LEDは3mmです。
家にあった秋月電子通商の「ハイパワー緑色LED 3mm OSPG3131P」を使いました。
取り替えるときに、ハンダ付けを素早く行わないと,
熱が伝わりコードの被覆が溶けるので注意しました。
これで、黒と緑の区別がつきやすくなりました。{/嬉しい/}
このLEDはとても明るいため、使用中は人や自分の顔に向けないように注意しています。

広告
投稿者: M Robots カテゴリー: Rescue

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中