DSO nano

コンパクトオシロを使ってみました。
昨日のコメントの通り、DSO nanoです。
(iPadではありません。)
組み立て(といっても、バッテリを入れて、両面テープで裏ぶたをするだけ)
が必要です。
私の場合、後でばらすことができるるように、
付属の強力なものは使わずに仮止めタイプを使いました。
電源を入れると、起動画面の後、測定可能になります。
マイコンでPWM信号を作り、測定してみました。

少しノイズがのっていますが、私たちの用途ではOKかと思います。
これはカメラによる接写ですが、SDカードに記録もできるようです。
(カードは別売り)
コンパクトなので、操作性は多少犠牲になっていると思いますが、
私にとっては問題ない範囲です。
波形を確認したい時に、テスター感覚で手軽に測定できるのがいいところです。
(父)

広告
投稿者: M Robots カテゴリー: Tools

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中